更年期障害

更年期障害と自律神経失調症、
男性・若者の更年期障害、
子供と更年期障害の関係など。


更年期障害と自律神経失調症の違い

更年期障害と自律神経失調症は、症状がかなり似ている部分がありますが、この両者は全く同じ症状を指すものではないとのこと。

まず更年期障害とは、女性が閉経する時期(50歳台、また51歳直前とも言われている)の前後10年間で、女性ホルモンの分泌量が低下することで起こる、自律神経失調症状態を指します。

一方の自律神経失調症ですが、まず、心臓などに指令を出す神経や発汗を制御する神経のように、能動的にコントロールできない神経のことを「自律神経」と呼び、身体のホルモンバランスを整え、緊張状態と弛緩状態のバランスをとる役目をしています。
この自律神経の中枢は、脳の視床下部と呼ばれる部分にあります。
ストレスや環境の変化などにより、この視床下部の機能に異常が生じた場合に、発汗の異常や冷え性、動悸、頭痛、また疲労感やうつ状態などの症状(不定愁訴)が起こり、この場合を自律神経失調症と呼ぶとのこと。

ただし、視床下部は女性ホルモンの分泌にも関係しているため、更年期障害で女性ホルモンの分泌が低下している場合は、自律神経にも異常をきたしていることから、自律神経失調症に良く似た症状を呈するようです。

そのため、症状が良く似ている更年期障害と自律神経失調症をはっきりと区別するのは、素人がちょっと情報を集めた程度では難しいように思われます。
(私がネットで情報を見て回ったぐらいでは、正直、更年期障害と自律神経失調症の明確な区別の基準を見つけることはできませんでした。)

基本的には、ホルモン系の症状と自律神経の症状のいずれが強いかが、更年期障害と自律神経失調症を区別する基準のひとつであるとのことです。
一応、私が調べた範囲では、身体的な症状が強いのが自律神経失調症、精神的な症状が強いのがうつ病(うつ病も更年期障害や自律神経失調症に類似する面が多い)、身体面・精神面の両方に症状が現れるのが更年期障害、という印象を受けます。

しかし明確に症状の判断をするためには、やはり専門医師の判断を仰ぐ必要があるでしょう。
(ただし専門家である医師でも、更年期障害と自律神経失調症の明確な区別は難しいとの話も散見されます。)

参考:
更年期障害と自律神経失調症の違い - 教えて!goo
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa166592.html
テーマ:うつ病
 http://8761234.jp/medical/kenkou.kouwa.s/fm21.redio/newpage6.htm
更年期障害治療 - clinic HYGEIA(クリニックハイジー ア)
 http://www.clinic-hygeia.jp/embarrasses/02.html
レディースケアネット - B-Wiki - 更年期障害
 http://www.ladiescare.jp/modules/bwiki/index.php?%B9%B9%C7%AF%B4%FC%BE%E3%B3%B2
ホメオスタシス:ストレス:うつ病の症状克服に椎名雄一心理相談室
 http://dreambox.sunnyday.jp/stress/
更年期障害 - 教えて!goo
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa365002.html
セルフメディケーション〜更年期障害
 http://www.drug39.co.jp/sm_kounenki.html

このページ「更年期障害」のトップに戻る

男性の更年期障害様症状

更年期障害は女性特有の症状と思われていますが、男性にも更年期障害に似た症状(更年期障害様症状)が起こることがあります。
例えば漫画家のはらたいら氏が、かつて自身の体験を記した「はらたいらのジタバタ男の更年期」という書籍を発表されています。
ただ、女性の更年期障害では、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少することにより起こる、という明確な解説がされています。
(環境の変化によるストレスも、更年期障害を後押しする一因とも言われています。)
男性の更年期障害様症状では、女性の場合と同様に、自律神経失調症に良く似た症状(不定愁訴など)と、勃起不全(ED)のような生殖器症状(※女性の場合は生理不順)を生じるとのことです。

しかし男性の更年期障害様症状の場合は、「中年期うつ病のことであって、女性の更年期障害のように、ホルモンバランスの崩れで起こるものではない」という意見[1]や、「30歳前後から男性ホルモン(テストステロン)の分泌が減少することで起こる症状で、女性のエストロゲンの減少に比べると、男性のテストステロン減少の度合いは緩やかなため、女性の更年期障害のように問題になりにくい」[2]とする意見もあります。
(また、社会的なストレスも原因の一つとなるようです。)
そのため、男性の更年期障害様症状については、原因などの明確な判断は、まだはっきりとはしていないようにも思われます。

参考:
[1]男性の更年期障害様症状 - 教えて!goo  http://oshiete1.goo.ne.jp/qa33394.html
[2]更年期障害 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B4%E5%B9%B4%E6%9C%9F%E9%9A%9C%E5%AE%B3
テストステロン - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%B3
セルフメディケーション〜更年期障害
 http://www.drug39.co.jp/sm_kounenki.html

このページ「更年期障害」のトップに戻る

更年期障害になったら

更年期障害になったのでは?と感じた場合、もちろん婦人科で診察を受けることが大切です。
婦人科医やカウンセラーなど、専門家による対策として、下記のようなものがあるとのことです。
ホルモン補充療法
更年期を迎えて急激に減少した女性ホルモンを、内服薬で補い、その症状をやわらげる治療法。
ただし、糖尿病や心筋梗塞、子宮筋腫などの病気があると、女性ホルモンの補充により、それらを悪化させてしまう可能性が有るので、専門医の処方が必須です。
カウンセリング
更年期障害で精神的な症状(無気力、イライラなど)が強い場合は、心療内科や精神科により、精神安定剤や抗うつ剤などを処方してもらい、それらを服用することで症状が改善される可能性があるとのことです。

また、更年期障害の症状を軽くするために、個人的・日常的にできる取り組みとしては、例えば下記のような事柄が提案されています。

規則正しい生活
食事の栄養バランスや適度な運動が、更年期障害を軽くするとのこと。
禁煙
喫煙は女性ホルモンのエストロゲンを減少させるので、非喫煙者に比べると喫煙者は、更年期障害が起こるのが1年以上早まるそうです。
カルシウムを取る
更年期ではホルモンバランスが崩れるため、骨粗しょう症などを起こしやすいので、カルシウムやビタミンEを摂るべきとのことです。
動物性脂肪を控える
上記と同様、更年期ではホルモンバランスが崩れるため、コレステロールが増加し動脈硬化を起こしやすくなるので、その原因となる動物性脂肪を避けたほうがよいとのこと。
生きがいを探す
精神的ストレスが更年期障害の症状を悪化させるので、趣味や仕事、ボランティアといった打ち込めるものがあると、症状を改善できる可能性があるそうです。
大豆を摂る
大豆の「イソフラボン」は「フィトエストロゲン」(植物女性ホルモン)と呼ばれるぐらい、その構造が女性ホルモンのエストロゲン(この不足が更年期障害の原因となる)に似ているとのことです。

参考:
[eSampo]health care 女性の悩み 女性のからだ 更年期障害(3)
 http://www.esampo.com/health/wc/menopausal/index3.htm
セルフメディケーション〜更年期障害
 http://www.drug39.co.jp/sm_kounenki.html

このページ「更年期障害」のトップに戻る

子供と更年期障害

女性が50代になって卵巣の機能の低下・女性ホルモン(主にエストロゲン)の分泌の減少を起こす、一般的には閉経前後の約10年間を「更年期」と呼びます。
つまり、女性が出産ができる状態から、出産ができなくなる状態へと変化する移行期間とのことで、この期間に(主に女性ホルモンの分泌減少により)生じる身体的・精神的症状が「更年期障害」と呼ばれるものです。
また、更年期障害はホルモン分泌のバランスの乱れの他に、それまで面倒を見てきた子供の独立など、環境変化によるストレスも原因になるそうです。
このように更年期障害と子供は、子供を生む機能という面でも、更年期障害の原因という面でも、関わりは決して浅くは無いようです。

参考:
大協薬品工業株式会社〜お役立ち!健康マメ知識〜
 http://www.taikyo.co.jp/health/info10.html
更年期障害-気になる病気 e治験ドットコム-
 http://www.e-chiken.com/shikkan/kounen.htm
二階 更年期障害(「愛生会」(http://www.aiseikai.or.jp/documents/inhalt/inhalt.htm)内)
 http://www.aiseikai.or.jp/documents/inhalt/information/st2/kounenki.htm
更年期障害(「楠原レディースクリニック」(http://www.kusuhara.gr.jp/)内)
 http://www.kusuhara.gr.jp/menopause.html
更年期障害(「女性の広場」(http://www.nagara.com/women/)内)
 http://www.nagara.com/women/climact.html
[eSampo]health care 女性の悩み 女性のからだ 更年期障害(1)
 http://www.esampo.com/health/wc/menopausal/

このページ「更年期障害」のトップに戻る

若者の更年期障害

更年期障害は、本来は女性が閉経を迎える時期の前後5年ずつ、計10年間に起こる症状で、40代後半〜50代前半が一般的に更年期障害が起こってくる年代とされています。
しかし最近では、30歳前後(早い場合は20代)から女性ホルモン(エストロゲン)の分泌バランスが崩れ、それに伴い閉経や、不定愁訴など更年期障害を生じるケースが増えているとのことです。
このような若者に起こる更年期障害の場合は、ストレスや無理なダイエット(栄養を十分摂らないなど)、疾病が原因となっているようです。

参考:
更年期障害 - 教えて!goo
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa365002.html
更年期障害について - 教えて!goo
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa557647.html
セルフメディケーション〜更年期障害
 http://www.drug39.co.jp/sm_kounenki.html

このページ「更年期障害」のトップに戻る

雑学の倉庫