冷え性対策

冷え性の原因・対策、
冷え性に効き目のある食べ物や漢方などについて調べてみました。


冷え性とは

冷え性は、気温の高低に関わらず、手足や腰などが冷えるように感じられる身体の状態のことです。
この冷え性は、女性に非常に多い不定愁訴で、女性の実に7割が冷え性を感じているとも言われています。 (不定愁訴は、身体に不調を感じるのは確かだが、身体の何処が悪いのかははっきりせず、又原因も特定できない状態。)

人間の身体には、身体の状態をできるだけ一定に保とうとする「恒常性(homeostasis、ホメオスタシス)」という性質があります。
このなかで体温の場合は、皮膚の温度センサーと視床下部(自律神経とホルモン分泌を司る)、そして血流調節の3つが関係しあって、身体の温度を一定に保つ働きをしています。
冷え性は、この体温調節機能に何らかの原因によって異常が生じたため、手足などの体温を保てなくなってしまうために起こる、とのことです。

ただし、西洋医学では現在「冷え性」という病名は無い(自律神経失調症の1つという見方がある)とのこと。
一方、東洋医学のほうでは、気と血の状態から冷え性を説明・分類し、また冷え性のタイプに応じた漢方薬の処方が行われるようです。

参考:
冷え性とは - はてなダイアリー
【冷え性とは】 花王 ロリエ
 http://www.kao.co.jp/laurier/health/010/index.html
冷 え 性 と は ?
 http://www.hand-clap.com/topics/oldtopics/0401_huyuhadabijin/topic04_01_1.html
冷え性改善計画1〜冷え性の仕組みと原因 - 疲れ・冷え性対策All About
恒常性 とは
 http://www.weblio.jp/content/%E6%81%92%E5%B8%B8%E6%80%A7
不定愁訴とは - はてなダイアリー


>冷え性の原因

冷え性が起こる原因について調べてみると、身体の内側からの「内的要因」と、外部環境による「外的要因」に分ける見方があります。
まず内的要因には、下記のような事柄があります。

・身体の血流調節を司る自律神経の機能の乱れ。
・女性ホルモンの分泌量の乱れ。
・心臓が血液を送り出す能力が弱いこと(女性は男性より心臓のポンプ能力が弱いことが、女性に冷え性が多い原因の一つとされています)。
・貧血で赤血球が少なく、血液中の酸素濃度が低いと、身体の細胞で十分なエネルギーを作り出すことができないため、身体が冷えやすい。
・栄養(タンパク質やビタミン、ミネラルなど)が不足すると、やはり十分な熱量を作れないので、身体が冷える。

もう一方の外的要因では、下記のような事柄が挙げられています。

・夏の過度な冷房や、寒い時期の薄着など、身体が寒さに晒されること。
・過度なダイエットは、身体の基礎代謝を低下させ、熱量を作り出すことができなくなります。
・タバコを吸うと、身体の末梢神経が収縮するので、血液が身体の末端まで十分に行き渡らなくなり、細胞の活動が低下します。 また、ビタミンCは鉄分の吸収を助け、そのことは貧血を防ぐことにもつながりますが、タバコを吸うとビタミンCを消費してしまうので、その点でも冷え性を促進してしまうことになるようです。
・きつい靴や衣服などで身体を締め付けていると、皮膚の温度センサーが鈍ったり、血流が滞ったりするので、やはり冷え性が起こる原因になります。

参考:
冷 え の 原 因
 http://www.hand-clap.com/topics/oldtopics/0401_huyuhadabijin/topic04_01_2.html
冷 え の 原 因
 http://www.hand-clap.com/topics/oldtopics/0401_huyuhadabijin/topic04_01_3.html
【冷え性とは】 花王 ロリエ
 http://www.kao.co.jp/laurier/health/010/index.html
冷え性改善計画1〜冷え性の仕組みと原因 - 疲れ・冷え性対策All About


冷え性に効く食べ物

1基本的には、常識的に栄養バランスの良い食事を1日3食きちんと摂ることが、冷え性を防ぐためには重要とのこと。
その上で、冷え性に効く食べ物の1つの見方として、食べ物は「身体を冷やす性質の食べ物」と「身体を温める性質の食べ物」という観点で分類できるとのことです。
具体的な食べ物と特徴は、下記のようになっています。

身体を冷やす食べ物:バナナ、アイスクリーム、トマト、きゅうり、なす、セロリ、レタス、もやし、おくら、ほうれんそうなど
・温度が冷たい
・砂糖(糖質)が多い
・夏や温かい地方(熱帯など)で獲れる

身体を温める食べ物:玉葱、長ネギ、ハーブ、しょうが、唐辛子、わさび、かぼちゃ、にら、にんにくなど
・温度が高い
・塩気・苦味・渋みがある
・冬や寒い地方に収穫される
・刺激が強い

もちろん、身体を温める食べ物を摂ることが、冷え性に効果があります。
また、栄養素の面からみた場合は、下記の栄養素が冷え性に効果的とのこと。

・ビタミンE:血行を良くし、ホルモンバランスを整える。 例えば、ナッツ類(アーモンド、落花生など)・豆類、魚介類(たらこ、うなぎ、ニシンなど)、緑黄色野菜(かぼちゃなど)、アボガド、ひまわり油・ひまわりの種、オリーブ油などが、ビタミンEを多く含む食物だそうです。

・鉄分:赤血球のヘモグロビンを作る上で重要な物質。 ホウレンソウ、ゴマ、大豆製品、貝類、レバーなどに多く含まれます。

・ビタミンC:鉄分の吸収を促し、貧血を防ぐ。

・ビタミンB:栄養素(糖質・タンパク質・脂質)のエネルギーへの変換を促す。


・たんぱく質:筋肉や骨・皮膚など身体の組織の原料であり、またホルモンもたんぱく質から作られています。
特に、体内で作ることができない9種類のアミノ酸(必須アミノ酸)を含んだたんぱく質を、食べ物から十分に摂ることが、身体の調子を保つために必要となります。
例えば、大豆食品(納豆、豆腐など)、乳製品(牛乳、卵、チーズなど)、魚(あじ、カツオなど)、肉類(牛、豚、鶏など)が、必須アミノ酸をバランス良く含む食べ物とのこと。

また、白米や白砂糖のような白い食べ物は、精製されていてミネラル分が失われていることが多いため、これを玄米や黒砂糖に替えることや、旬の野菜をちゃんとその季節に食べることも、冷え性に有効とされています。

参考:
冷え性を食べ物で改善しよう! 冷え性改善計画2 - 疲れ・冷え性対策All About
冬に食べたい!体を温める野菜 - 疲れ・冷え性対策All About
【冷え性のセルフケア】 花王 ロリエ
 http://www.kao.co.jp/laurier/health/010/000.html


冷え性対策/a>


冷え性と漢方・生薬

西洋医学では「冷え性」という病気は定義されていませんが、東洋医学の漢方では「気・血・水」(き・けつ・すい)の概念を用いた独自の理論により、冷え性の分類(血虚や水毒、気虚など)と、そのタイプ別の漢方薬の処方がなされています。

一般的には、温経湯(うんけいとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、四物湯(しもつとう)、五積散(ごしゃくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などが、冷え性によく用いられているとのこと[1]。

ただ、例えば自分の冷え性が、漢方医学ではどのタイプに当てはまり、どの漢方薬が効果的なのかという判断は、インターネットで調べてみた限りでは、漢方の専門的な知識がある方で無いと難しいようにも感じられます。
そのため、冷え性対策に漢方を用いようという場合は、漢方の専門家や、漢方に十分な知識のある医師に相談することが、必須であると思われます。

その意味では、漢方では有りませんが、生薬を含んだ薬用養命酒を毎日飲用することも、手軽で効果的な冷え性対策として考えられるかもしれません。
(薬用養命酒の、身体の冷えへの有効性は、実験で証明され、論文でも発表されているとのことです。)

参考:
[1]【冷え性のセルフケア】 花王 ロリエ
 http://www.kao.co.jp/laurier/health/010/000.html
冷え症(冷え性)に用いられる漢方薬は? 漢方ビュー
 http://www.kampo-view.com/nayami/hieshou02.html
冷え性 - 漢方スタイル
 http://www.kanpou-style.co.jp/cgi-bin/disease.cgi?mode=o&no=1
薬用養命酒、冷え性、疲れ…あなたの健康管理は万全?冷えや疲れなどの不調を改善するコツとは
 http://allabout.co.jp/1/214857/1/product/214857.htm