美容・健康・医療の覚え書き > 美容 > リンパマッサージ

リンパマッサージ

リンパマッサージやリンパとは何か、
またリンパマッサージの効果や自分でできる方法など。


リンパマッサージとは

リンパマッサージは、健康・美容上の目的から、運動不足などで滞りがちなリンパ液の循環を、マッサージを行うことで促すものです。

人間の身体には、血管と同様にリンパ管が張り巡らされており、その中をリンパ液が流れ、血管に入らない大きな不要物を取り込み、排出するようになっています。
しかし、リンパは血液と異なり、心臓のように循環を促すための臓器がありません。
そのため、日常的な運動による筋肉の収縮・弛緩によって、リンパ液の循環が行われますが、運動不足になりがちな生活環境・習慣の影響で、リンパの流れが悪くなることが多くなっています。

そしてリンパの流れの滞りが、身体のむくみや痛み、コリ、肥満やセルライト、疲労、夏ばてや風邪などの原因になるとのことです。
そのような身体の状況を改善するために、外側からリンパの循環を促すリンパマッサージが有効な手段とされています。

参考:
リンパマッサージ - [コスメ・ビューティ用語集]All About
 http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_cosme/w002636.htm
日本リンパ美容健康普及会 リンパマッサージとは?
 http://www.jlms.info/rinpa/rinpa_kirei_rinpatoha.htm

このページ「リンパマッサージ」のトップに戻る


リンパとは

リンパといった場合、「リンパ管」「リンパ液」「リンパ節」の3つを総称して「リンパ」と呼ぶケースや、リンパ液またはリンパ管のことを呼ぶケースと、その用例は場合に応じて若干異なっているようです。

リンパ管は、血管と同様に人間の身体の隅々まで(静脈と平行に)張り巡らされています。 身体の中でも、特にリンパ管が多い部位は、(多い順に)顔の周辺、脇の下、足の付け根、左鎖骨となっているそうです。
身体の細胞が出した老廃物は、基本的には静脈に取り込まれますが、静脈に入りきらない老廃物は、リンパ管に入ってリンパ液によって運ばれます。
また、リンパ管は循環の機能においても血管の静脈の性質に似ていて、下着や靴下などできつく締め付けられた場合、簡単に流れを妨げられてしまうとのこと。
リンパの流れが悪くなった場合は、リンパ管を、リンパ節の方向へ軽くさする程度のマッサージを行うだけでも、かなりリンパの流れを良くすることができるそうです。

リンパ液は、リンパ管の中を流れる黄色の液体です。
リンパ液にはリンパ球が含まれていて、1度戦ったことがある細菌やウィルスの性質を記憶して、それらに対し抗体(γグロブリン)を産出して人間の身体を防御する働きをします。
またリンパ液は、静脈に入りきらなかった身体の細胞からの老廃物を運ぶ役目もします。

リンパ節は、リンパ管のあちこちに存在し(全身で約600ヶ所)、抗体の産出、リンパ液のフィルター等の機能を果たしています。
風邪をひいた場合にリンパ節が腫れるのは、リンパ節で風邪の抗体が作られ、ウィルス等に対抗しているから、とのこと。

また、上記に挙げたリンパの機能は、細菌や病気から人間の身体を守る「免疫機能」と、血液・血管だけでは運搬しきれない排出物を運ぶ「排泄機能」の2つに分けられます。

参考:
リンパ - [コスメ・ビューティ用語集]All About
 http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_cosme/w002674.htm
日本リンパ美容健康普及会 リンパマッサージとは?
 http://www.jlms.info/rinpa/rinpa_kirei_rinpatoha.htm
rosesmellリンパとは
 http://www3.plala.or.jp/rose-smell/rinpatowa.html
リンパ - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%91


リンパの流れが滞ると・・・

リンパの流れが滞った場合、リンパが持っている「排泄機能」と「免疫機能」の2つの機能が十分に発揮されなくなります。
そのため、身体の過剰な水分や、老廃物や毒素などが排泄されなくなり、むくみや疲労、セルライト、風邪などの原因となります。

リンパの流れが悪くなる原因には、運動不足、冷え性、ストレスといった点があるとのこと。
まず、リンパには心臓のように循環を行わせる臓器が無いため、全身の筋肉の運動がリンパの流れに大切な影響を与えます。
そのため、普段から身体を動かすことが少ないと、必然的にリンパの流れも滞ります。
また、リンパの流れは血液の循環とも関係していて、冷え性で血液の流れが悪いと、リンパの流れも悪くなるとのこと。
同様に、ストレスも自律神経の働きに影響を与えて血管を収縮させ、血液の流れを滞らせるので、それがリンパの流れを滞らせることにつながります。

これらの状況においてリンパマッサージは、リンパの流れを促すために有効な手段となるとのことです。

参考:
リンパ - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%91
日本リンパ美容健康普及会 リンパマッサージとは?
 http://www.jlms.info/rinpa/rinpa_kirei_rinpatoha.htm


リンパマッサージの効果

先に書いたとおり、リンパは細胞の排泄物や余分な水分を運搬したり、身体に入ってきた病原菌などに対抗する役割があります。
そのため、運動不足やストレス、冷え性などによってリンパの流れが滞ると、セルライトがついたり、顔や足がむくむ、疲労やだるさ、風邪などの原因となります。

つまりリンパマッサージによって、滞ったリンパの流れを促すことで、身体の代謝を活発にして脂肪や水分による肥満・むくみなどを防ぎ、また冷え性や肩凝りなどにも効果があり、
そして身体の免疫機能を高めることにもつながるとされています。

また、精油やアロマオイルを使ってリンパマッサージを行うことで、それぞれの精油やオイルに応じた効果も期待されるとのことです[1]。

参考:
リンパマッサージでキレイになる!日本リンパ美容健康普及会
 http://www.jlms.info/
[経絡リンパマッサージ]でダイエット - gooダイエット
 http://diet.goo.ne.jp/member/way/move_no11/01.html
[1]すっきりリンパマッサージでお腹ダイエット - gooダイエット
 http://diet.goo.ne.jp/member/way/mov/m400014_c.html


リンパマッサージを自分で行う方法

リンパマッサージには、専門のマッサージサロン等で行ってもらう他に、自分でできる簡単なやり方を行う方法もあります。
例えばインターネットのウェブサイトでは、下記アドレス先ページでリンパマッサージの方法が公開されています。

すっきりリンパマッサージでお腹ダイエット - gooダイエット
 http://diet.goo.ne.jp/member/way/mov/m400014_c.html

[経絡リンパマッサージ]でダイエット - gooダイエット
 http://diet.goo.ne.jp/member/way/move_no11/01.html

上記アドレス先ページで説明されているリンパマッサージの方法は、身体の場所や目的によっていろいろな方法があります。
とは言え、リンパ節に向かってリンパを押し流すような感じで、さすったり揉むなどしてマッサージしたり、特定の姿勢をとって呼吸を行うなど、どれもそれほど難しい方法では無く、手軽に取り組むことができるように感じられます。

参考:
日本リンパ美容健康普及会 リンパマッサージとは?
 http://www.jlms.info/rinpa/rinpa_kirei_rinpatoha.htm