オリゴノールを含んだ製品が続々と
商品化

ポリフェノールを吸収しやすくした素材
「オリゴノール」を含む食品などが、
次々に商品化されているとのこと。

オリゴノールを使用した製品が続々と商品化

スポンサード リンク

北海道札幌市の健康食品製造企業「アミノアップ化学」が開発したポリフェノール素材「オリゴノール」を用いた製品(食品や化粧品など)が、次々に商品化されているとのことです。

オリゴノール使用商品は、既に化粧品(ボディケアジェル)の「ビューナ」がリリースされていましたが、2008年7月にはクッキーと浴用化粧品が新しく商品化。

オリゴノールを使ったクッキー「オリゴノール配合チアシード豆乳おからクッキー」は、大阪の企業「コモライフ」が商品化したもので、内臓脂肪を減少させる効果があるというオリゴノールの機能を活用した商品です。

このクッキーは通信販売(インターネットやカタログ)で販売されており、価格は1箱(70枚入り)が2,780円です。

また浴用化粧品では、北海道砂川市の生活雑貨企画・製造企業「ローレル」が、「蘇れ、赤子肌」を発売しています。

これは、オリゴノールの持つ抗酸化作用による、肌の老化防止を謳った製品です。

価格は1袋210円で、2008年8月から全国のドラッグストアや百貨店、ネット通販で販売されています。

アミノアップ化学では、オリゴノールの生産を更に拡大することを計画しており、今後は健康飲料など、他の分野にもオリゴノールを活用していく予定だそうです。


(参考)
・北海道新聞2008年8月19日(火)朝刊9面記事「老化防止に役立つ「オリゴノール」 関連商品 次々と商品化」
・株式会社アミノアップ化学
 http://www.aminoup.co.jp/index.shtml
・Oligonol(オリゴノール)/株式会社アミノアップ化学
 http://www.aminoup.co.jp/products/oligonol.html
・コモライフ株式会社
 http://www.comolife.co.jp/
・cayra(※「株式会社ローレル」のサイト)
 http://www.cayra-laurel.co.jp/


オリゴノールとは?

スポンサード リンク

オリゴノールは、健康食品の製造企業「アミノアップ化学」が、独自技術で商品化した素材です。

細胞の老化を防ぐ「抗酸化作用」があると言われている「Polyphenol(ポリフェノール)」は、分子量が大きい(ポリマー化している)ため、身体に吸収されにくいと考えられているそうです。

そこで、分子を小さくする技術を独自開発したアミノアップ化学が、ライチ(ポリフェノールを多く含む果物)から抽出したポリフェノールポリマーを低分子化し、「Oligonol(オリゴノール) 」として商品化したとのことです。

アミノアップ化学のサイトの解説ページ[1]によると、この名称「Oligonol」は「Oligomer Polyphenol」を略したもので、この中のOligomer(オリゴマー)は、一般的に比較的分子量が低い重合体(モノマー、ダイマー、トリマー等)を意味しているとのこと。

また、同ページ[1]によると、オリゴノールは低分子化されているため、一般的なポリフェノールよりも非常に吸収性がよく、幅広い抗酸化・抗老化作用を持っており、具体的な作用としては

・冷え性、肩こりなどの血流改善効果
・疲労回復・改善効果
・シワ、しみ、そばかすに美容・美白効果
・メタボリックシンドロームの改善効果

等が挙げられています。


(参考)
・北海道新聞2008年8月19日(火)朝刊9面記事「老化防止に役立つ「オリゴノール」 関連商品 次々と商品化」
・株式会社アミノアップ化学
 http://www.aminoup.co.jp/index.shtml
・[1]Oligonol(オリゴノール)/株式会社アミノアップ化学
 http://www.aminoup.co.jp/products/oligonol.html


美容・健康・医療の覚え書き > 健康食品・飲料 > オリゴノールを含んだ製品が続々と商品化