白髪の悩み

白髪が増える理由、若白髪、
白髪にいい食べ物など。


白髪について

白髪は、髪の毛のメラニン色素が不足することにより起こるものです。
このメラニン色素は、髪の付け根にあるメラニン生成細胞(メラノサイト)によって作られますが、何らかの原因でメラノサイトの働きが止まり、メラニンが生成されなくなると、白髪になる、と、一般的には説明がなされています。
そしてメラニン色素が生成されなくなる原因としては、ポピュラーなものとして加齢、ストレス、遺伝、疾病などが挙げられますが、詳しいことはまだ解明されておらず、白髪が生じるメカニズムには、未知の部分が多いようです。

参考:
白髪について
 http://www.kaminet.com/haircare/i/shiraga.htm
COLUMN:「戦う!お姉さま」
http://www.netricoh.com/contents/antenna/tatakau/data/0048.html
 第48回:白髪について


白髪の増える理由

「白髪」は、髪の色が白く変化したものですが、この変化にはメラニン色素が関わっています。
メラニン色素を作り出す細胞(メラノサイト)は、髪の毛の根元の毛根の中にありますが、ここに異常が起こると、髪の毛を黒くできなくなり、結果白い髪になってしまうとのこと。

そして、メラニン色素に異常をきたす原因は、まず、まだ若い(早い場合は10代〜)のに髪が白くなる「若白髪」では、「遺伝」と「ストレス」が考えられるそうです。
例えば学生が受けるストレスでは、人間関係や受験勉強などがあり、これらのストレスによって、メラニン色素を作り出すのに関係しているホルモンのバランスが崩れ、メラニン色素が生成されなくなってしまうことがあります。

また、一般的に白髪が増える年代の中高年では、「加齢」と「血行不足」、そして若白髪と同様に「ストレス」が考えられるとのこと。
メラニン色素は、年齢を重ねると自然にその量が少なくなるそうです。
また血行が悪くなることで、髪に栄養が行き届かなくなると、やはり髪が白くなる原因になるとのことです。
他に、職場での責任や、家庭を支えることなど、若い頃よりも強くなるストレスも、白髪の大きな原因と考えられています。
また上記に加え、紫外線や乾燥も、白髪が増える理由とされています。

参考:
止めたい!白髪進行の理由! - [男のヘアケア]All About
 http://allabout.co.jp/mensstyle/menshair/closeup/CU20070910A/index.htm?FM=rss
止めたい!白髪進行の理由! - [男のヘアケア]All About
 http://allabout.co.jp/mensstyle/menshair/closeup/CU20070910A/index2.htm
白髪予防できる!?アンチエイジングヘアケア - [髪の悩み・対処法]All About
 http://allabout.co.jp/fashion/haircare/closeup/CU20070306A/index.htm


若いのに白髪

日本人の平均的な白髪の発生年齢は、35歳を過ぎた辺りからで、また頭髪の半分が白髪になるのは55歳ぐらいとのことです[1]。
ただし、若い時期(20代や30代、早い場合は10代)から白髪が出始める場合もあります。

髪が白くなるのは、頭皮にあるメラニン細胞がメラニン色素を精製できなくなるために起こるものですが、年齢を重ねると白髪が目立ち始めるように、通常は加齢がこの大きな原因です。
しかし、若い世代でも、何らかの原因により、メラニン色素の生成が普通どおりに行われなくなり、白髪になることがあります。
この具体的な原因として考えられているのは、主なものでは遺伝やストレス(受験勉強や人間関係など)があります。
また、明確に白髪が出るケースとして「しろなまず(尋常性白斑)」、円形脱毛症(治癒する過程)などの疾病があります。
さらに、内服薬・外用薬など薬剤も、メラニン色素を生成する細胞に何らかの影響を与えるのでは、と考えられていますが、これについてはまだよくわかっていないようです。

参考:
[1]白髪について
 http://www.kaminet.com/haircare/i/shiraga.htm
止めたい!白髪進行の理由! - [男のヘアケア]All About
 http://allabout.co.jp/mensstyle/menshair/closeup/CU20070910A/index.htm?FM=rss
白髪 色々な病気コーナー<漢方相談>
(「シーちゃん先生の 漢方相談で元気になろうよ」http://www.acsysun.co.jp/counseling/)内ページ)
 http://www.acsysun.co.jp/counseling/byouki/b_atama3.html


何歳までが「若白髪」か

最近では、10代〜30代の若い世代にも、髪が白くなる「若白髪」が多く見られるようになってきた、とのことです。
(ストレスの多い最近の環境が、若い世代の髪・毛母細胞に何らかの影響を与えていると考えられています。)
しかし、具体的に何歳までに起こる白髪が「若白髪」で、何歳からが普通の白髪なのかは、はっきりとした定義は見つけることができませんでした。
ただ、日本人が白髪を生じ始めるのは、普通はおおむね35歳過ぎからとのことで、このあたりの年齢が、若白髪と通常の加齢による白髪の境目になるのかもしれません。
(ちなみに、アメリカ人の場合は、40歳までに40%以上の人間に白髪が多く出るとのことです。)

参考:
白髪について
 http://www.kaminet.com/haircare/i/shiraga.htm
髪の色 - Wikipedia
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E9%AB%AA
COLUMN:「戦う!お姉さま」
 http://www.netricoh.com/contents/antenna/tatakau/data/0048.html


髪にいい食べ物

白髪にいい食べ物についてネットで調べてみると、2001年ごろのページに「今のところ、薬や食べ物などで白髪の予防・治療はできない」との記述が見られました[1]が、最近は具体的な食べ物の情報が出てきています。
(これが、白髪と食べ物の関係についての研究が進んだためか、それとも専門家の意見の違いによるものかはわかりませんが。)

白髪にいい食べ物としては、まず山椒(さんしょう)とホップについては、効果が実証されているとのこと[2]。
山椒は、毛母細胞のメラニン生成を促し、ホップエキスはメラニン生成細胞(メラノサイト)の運動能力・増殖活性を高める効果があるそうです。
山椒は、ふりかけやスパイスとして摂取することができます。
ホップはビールに含まれており、またサプリメントやハーブティで摂ることもできるそうです。
ただし、どのぐらいの量食べれば効果があるかは、[2]のページではまだ研究中と記述されています。

もう1つ、昔から白髪に対する効果が言われている食べ物として、黒ゴマがあります。
ただし、こちらはまだ効果が実証されていないとのこと。
とはいえ、黒ゴマの成分の50%は、リノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸で、さらにビタミンEやセサミンなどを含んでいて、これらの働きにより、メラニンの生成が促されるとされており、実際に黒ゴマを一定期間摂取することで、髪が黒くなってきた、との体験談もみられます[4]。

また栄養素の面では、良質のタンパク質、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンEなどが白髪に有効で、日本の伝統的な野菜・米中心の食生活がよいとのことです[3]。

逆に好ましくない食品としては、下記のものが挙げられています。

・飽和脂肪酸を含む嗜好品(ケーキ、チョコレート、アイスクリームなど)
・炭酸水飲料、コーヒー、抹茶
・刺激が強いもの(カレー、わさび、からし、大根おろしなど)

参考:
[1]発毛特集 | 白髪を増やさないようにする方法ってあるの : 脱毛・薄毛予防 - セルフドクターネット
 http://www.selfdoctor.net/q_and_a/2000_11/kami_trouble/08.html
[2]体の中からツヤ髪を育てる、美味しい食生活 - [髪の悩み・対処法]All About
 http://allabout.co.jp/fashion/haircare/closeup/CU20060704A/index2.htm
白髪予防できる!?アンチエイジングヘアケア - [髪の悩み・対処法]All About
 http://allabout.co.jp/fashion/haircare/closeup/CU20070306A/index.htm
[3]白髪予防できる!?アンチエイジングヘアケア - [髪の悩み・対処法]All About
 http://allabout.co.jp/fashion/haircare/closeup/CU20070306A/index2.htm
[4]白髪が多くて猛烈に悩んでいます! : 美容・ファッション・ダイエット : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2006/0704/094779.htm?g=07